to the place promised

now here , nowhere

無題

HPタイトルについてちょっと書いておきたいなと思ったので書いてみます。

 

to the place promised、単純な意味としては「約束の場所へ」になります、そのままですね。
誰かと何か約束したわけではありません。
何か特別な場所があるわけでもありません。

約束の場所ってのはまたここに来たいと思った全ての場所で、もしかしたら未だ訪れていないけどここ行ってみたいな〜って思った場所もそのひとつなのかもしれません。

 

Now Here ,Nowhereってのは「今この場所、どこにもない」
上記の通りそんな特別な場所なんてどこにもないけど、今この場所がまさにそうなんだよってそんなことを思いながらつけたサブタイトルです。

Nowhereって区切る部位でふたつの意味になるんですよ、しかも意味としては正反対。少し面白いと思いませんか?

 

旅が目前に控えてきましたが、ここまで長期の旅は最初で最後と思っています。
たぶんやりたいことって何歳になってもできるんだと思います。熱量を失いさえしなければ。

でもやっぱり掛かる費用だとか将来のこととかを思うと少し考えてしまうんですね。
臆病になったものです。笑っちゃうね。

 

「願いは誰でもひとつは叶うよ。無理に答えを出しては灯した火を消さないように。」

ぼくの好きな歌の歌詞の一部です。

燻って悩んでいる人って多いと思うんですね。でもいいじゃん不完全燃焼。
消えてなければちょっとしたきっかけでいつか燃え上がるよ。

 

自分の能力とか行き着く先は大体分かってしまったけど、それとこれとは別だよね。
せめて今はやりたいことをやっていきたいよね。

 

 

というポエム調な投稿。後年見返すと恥ずかしいやつかもしれない。

次へ 投稿

前へ 投稿

コメントを残す

© 2019 to the place promised

テーマの著者 Anders Norén