メニュー

9/21 (Dalton Hwy) ~ Happy Valley (Prudhoe Bay→Fairbanks , Day2)

2019年9月21日 - 2019, Alaska, Dalton Hwy

0745、起床。雨が降っており、テントは雨漏り。雨自体は微弱。

朝食にピーナッツバターのサンドウィッチとフルーツカップ、ゆで卵を4つ。

出発時の水は3L。

 

 

走って少ししたところで遠くで仕事をしていたAlyeska Pipelineの人(トラックが赤色ですぐ分かる)が手招きするもんだから近付いていったら先日Prudhoe Bay到着直前に補給食をくれたおじさんだった。名前はKen。今回も同じものをいただいた。

勇気を出して写真を撮らせてくれと伝えた、二度と会うことないと思うから忘れたくないんだよな。許可は得てないので写真が載せられないのが残念。良い笑顔でサムアップして写ってくれた。

今日はmuskoxの集団を二度にわたり見掛けた、普段なら湿地で歩けそうもない場所だったが凍っていたので容易に近付くことができた。

 

…のだが

二回目に泥に嵌ってしまった、靴の中が悲惨なことに。
見た感じしっかりした地面に石が点在しているように感じたのだが、見事に膝まで嵌ってしまった。這い出そうにも両足が嵌ってしまって少し危機感を感じた。

 

 

 

しばらく走行しているとブレーキがおかしいことに気付いた。よく見るとフロントのブレーキパッドが無くなっていた。
平坦が続いていたので気付くのが遅くなってしまった。

予備は無い。油断だ…。

リアの効きも悪い。でもまぁ下りは押せば良い。

 

押せばええんじゃい。

 

 

路面状況は行きと同じ、かなり悪い。

 

 

 

1400過ぎ、対向からバイクが来た。タイのバイカーでUshuaiaから来たという。南米最南端だ、すげぇ。
これからカナダを目指すことを伝えると、too lateと。うーん I think so。

 

 

 

天気悪い。

 

 

 

1830、Happy Valley到着。到着と同時に雨が雪に変わった。テントが雨漏り仕様なので正直ありがたい。

既に嫌になるほど泥だらけなので近くの川で少しだけ服の泥を流して夕飯。

雪とはいえすぐに解けるので結局雨漏りしてきた。ぬか喜び。

風もあって結構寒かったがまだmont-bellのシュラフを出すほどではなかった。こいつは虎の子なんだ。

 

 

2000、就寝。

 

 

88.4㎞

コメントを残す