メニュー

Cardston ~ (Canada-US Border) ~ St. Mary

2020年6月30日 - 2019, Canada, USA
Cardston ~ (Canada-US Border) ~ St. Mary

11時にチェックアウトし10分後に出発。手持ちの水は3L。

天気も良く、路面も雪は残っていましたが比較的走りやすい状態。

このくらいならむしろ雪が残っていた方が走りやすいかもしれません。

泥路面を走るよりは。

国境付近でハクトウワシと二頭のキツネを見掛けました。アメリカ国境に近付いているのを実感しました。

今日のスタートから国境付近までは追い風でとても進みやすかったんですが、国境を越えてからは少々強めの向かい風でした。軟弱者なので追い風が良いです。

国境直前の免税店でカナディアンウィスキーを買いました。10ドル程度だったかと思います。安い。

さようならカナダ、思い出深いアルバータ。

アメリカへの入り口です。別に悪いことはしていないし変なものも持っていないんですが緊張します。後部に括っていたナンバープレートについて訊かれはしましたね、どこで手に入れたんだと。米国の滞在期間延長についての勝手が分かっていなかったのが一番の心配な点でした。ここで延長不可となるとオーバーステイがほぼ確定してしまいますので。

特に滞在期間について何も言われることもなく通過したんですが、それはおかしいと思い訊いてみるとどうやら別途手続きが必要なようで館内に入るよう促されました。危うくオーバーステイでした。延長手続き自体は簡単で、訊かれたことに対して淡々と答えていっただけです。どこを通ったか、宿泊はどうしていたかなどごくごく簡単なものです。手数料として6ドルが必要で、延長許可のような切符を旅券に貼付されました。アメリカ出国の際に渡すようにとのことでした。

モンタナ州に入りしばらくするとモニュメントがありました。

遠くにチーフマウンテンというテーブルマウンテンが見えます。ここの近辺はネイティブアメリカンのブラックフット族の居留地のようです。

またきたよ、アメリカ。そしてはじめましてモンタナ州。

進行方向に灰色の雲が見られ、午後4時には激しい雪に変わりました。

Babbの手前でかなり近距離でライフルの音が三度響きました、少し緊張します。銃声はたまに耳にしますがあまり心地の良い音ではありません。

全て店が閉まっていました、冬は人がいないのかもしれません。

Lower Saint Mary Lakeには数多くの水鳥がいました。

雪が強くなっていきます。

1730、Malmstrom AFB Recreation Areaに到着。多くのキャンプサイトがありましたが整備はされていませんでした。この時点で視界は悪くかなりの降雪でした。

湖畔にテントを張ります。

乾燥野菜を入れたラーメンを食べ、スナックとジャーキーをつまみに国境で買ったカナディアンウィスキーを愉しみました。

この日はふたつの寝袋を使いましたがマットレスは使いませんでした。降雪量は結構なものでしたが寒くはなかったんですよね。

フクロウが鳴いている声を聴きながら眠りにつきました。滞在するのに良い場所だなと感じました。

コメントを残す